<interview>本当の”女性目線”って、なんだろう?

求めていたのは、こんな住まいでした。

女性が求めるのは、パパも子どもも家族みんなにとって暮らしやすい住まい。
必要なのは、パパとの家事のシェアアップと、家族の気配が感じられる安心感。
この3つのポイントは、これまでの実績をもとに導き出した答えです。

一級建築士
河野建築設計事務所 代表
河野 優子さん

おもに個人住宅の設計の仕事に携わる。
これまで関わってきた住宅は2,000棟以上。
忙しく仕事を続けるかたわら、結婚して3人の子どもに恵まれ、子どもたちはすでに大人の仲間入りをする年頃に育っています。

少しの工夫の積み重ねが、「本当の家族の時間」をつくってくれる。

私たちの事務所は所員が全員女性(7名)というめずらしい構成。これが大きな強みになっています。男女関係なく活躍することを望まれる今の社会では、実体験にもとづく「女性目線」が、住宅というフィールドにおいても、ますます重要性を増していると感じています。私自身、家事との両立に悩むこともありましたので、その経験を仕事に活かしています。
今回のプランでいいいますと、例えばウォークスルーの多機能な「シューズクロゼット」。家に帰ってきたら、コートやベビーカー、靴を片付け、買い物袋を片手にそのままサニタリーやパントリーへ。花粉の多い季節にも活躍する室内の物干しスペースも確保しました。ワークスペースやパウダーコーナーも実際にご覧いただけるよう、つくりつけで設えました。リビングの収納などには、充電式の掃除機(ロボット)にも充電対応ができるよう電源を設置。こういうちょっとした工夫の積み重ねが、家事の時短につながり、「本当の家族の時間」が生まれると確信しています。

住まいの「3大問題」を、女性建築士が解決します。

<問題> ゴミ置き場に困る・・・

<解決!>
パントリーに「一時ゴミ置き場」をつくってすっきり!

パントリーの一角に一時ゴミ置き場をつくることで、キッチンがすっきり片づきます。たまりやすいペットボトルやプラゴミもきちんと分別&目隠し!

<問題> 洗濯物をしまうのが面倒・・・

<解決!>
物干しコーナーと共有ウォークインクロゼットで、「干す」「しまう」を一度に!

物干しコーナーから、家族共有のウォークインクロゼットへの動線を意識。乾いたらそのままウォークインクロゼットに移動するだけなので、収納もストレスフリー!

<問題> 帰ってきた後の荷物はどこに置こう・・・

<解決!>
玄関からシューズクロークを通って、キッチンまでの動線づくり

買い物帰りも冷蔵庫まで一直線!さらにシューズクロークに荷物が置けて、パパや子供たちの荷物が多い日も玄関がごちゃごちゃしない!

お問い合わせ

  • WEBでのお問い合わせはこちら

    WEBからのお問い合わせはこちらからどうぞ!

  • 売却 無料査定

    無料査定・売却相談受付中です。まずはこちらから!

  • 東北ミサワホーム不動産サポート

    東北ミサワホームだからできる安心のフルサポート

  • ミサワホーム マンション

    東北初。三菱地所レジデンスとの共同分譲マンション事業

  • 東北ミサワホーム

    住まいを通じて生涯のおつきあい。東北ミサワホーム

  • スムストック ミサワホーム

    スムストック住宅販売士による査定を行っております。